posの導入を考える

開業を考えている方や、既に店舗を開いていて営業している方にposシステムを紹介したいと思います。導入とランニングコストが下がっている今、便利なposシステムを導入することをおすすめします。

posシステム導入Q&A

導入するメリットは?

posを導入する一番のメリットはレジ会計がスピーディーになる事です。posシステムで商品管理をできるので、バーコードを使用すると正確な金額と商品名がレジに反映されるので、会計のスムーズさに繋がります。最近では、導入費用とランニングコストが安価になっているので、小規模の店舗でも導入しやすくなりました。

いくらぐらいかかるの?

pos専用機はまだまだ高価である一方、タブレット端末でposシステムを使用することができるようになり、導入費用が格段に安くなりました。現在では月額1万円以下でも高機能なサービスが受けられるシステムがあります。安価だからといってチープなものになっているわけではなく、店舗向けに特化した機能が充実しているので、むしろコストパフォーマンスが上昇している傾向がみられています。

どんな種類があるの?

専用機を使用したターミナルpos、市販のWindows機を使用したパソコンpos、タブレット端末を使用したタブレットposの3種類が展開されています。業種や店舗の規模によって欠かせないposシステムの機能が異なってしまいます。今ではクラウド型posシステムがあり、柔軟に機能の利用を選べるので、業種や店舗の規模に縛られずにposシステムを利用することができます。

必要な機器はありますか?

posレジで使用する端末以外には、レシートプリンターやキャッシュドロアなど必要なものを選定しましょう。posシステムを販売する会社によっては、周辺機器の販売やリース、さらに設置や保守まで行なっている場合があるので、サポートの内容を加味して導入を考えてみてはどうでしょうか。

クラウド型posって?

従来のposシステムは、端末のデータを集約するために社内や店舗に専用のサーバを設置してデータ管理をしていました。クラウド型posシステムはその名の通り、クラウド上でデータを管理することができるposシステムです。端末上にデータが残らないためセキュリティ面の安全を図ることができて、さらにサーバを置くスペースが必要ないためスペースにもメリットがあります。

posシステムのメリット

店内

会計時間の短縮

posレジはバーコードを読み取るだけで、商品情報と会計金額がレジに表示されます。会計時間を短縮できて業務効率化を図ることができます。

データ収集と分析

会計を行なった商品は、その都度売上の管理が行なわれるため、データの管理をposシステム上で行なうことができます。さらに、そのデータから業務成績の分析などをサポートしてくれるため、経営面に役立つメリットもposシステムにはあります。

不正を防止する

万が一の不正を防止するために、操作記録が残る仕様になっています。不正な値引き販売や会計の取り消し、折々のレジ金照合などが簡単に行なうことができます。

打ち間違いの販売防止

posシステム上で商品管理がされているため、打ち間違いによる販売を防止することができます。たった少しのミスであっても大きな損害になってしまうレジの会計処理なので、posシステムはたくさんのミス防止機能を備えています。

広告募集中